月別アーカイブ: 2013年11月

発達障害で大騒動

実は我が家の長男は発達障です。いや、まだ診断はついていないのですが、現在受信中で、合わせて来年から支援級に希望を出そうと思っているんです。でね、そんな発達障害の子供たちに対し、先生たちがよく分かっていなくて、まだ学んでいる状態なんだってことに、最近気が付きました。元支援級担当だった担任の先生なので、うちの息子も大丈夫だろうと思っていたのですが、1年生にしてやばいことになってしまいましたよ。保護者のお母さんたちが私と先生に質問がある、というので、昨日は集まったんですが、なんと3時半から6時過ぎまで、思いっきり話し合いとなってしまいました。今こちらがやっているすべてのこと、これから改善していく点などを話していたのですが、一人のお母さんはずっと納得していないんです。子供にはベストを、と考えているのはわかるのですが、先生のことを責めまくっていて、ベテランの担任の先生がなくなることには心が痛みましたよ(涙)。

発達障害という病気

実はうちの息子は発達障害のグレーゾーンだったのですが、とうとう明日発達検査に専門病院に行くことになりました。それまで、どんなに注意して怒ってもやめなさいと言っていることがやめられなかったりする息子と、その息子を「しつけがなってない」という言葉で片付ける人たちにつかれてきていました。小学校に上がる際にも、配慮してくれという話はしたのですが、担任の先生からは「これからしつければ大丈夫」と、やはりしつけをしていないからという感じで家庭訪問の時に言われてかなり悲しかったのを思い出します。特に小学生になってからは、子供たちが息子をからかって(他県から転校してきたうえにハーフなので余計?)、他害が出てしまい、息子をからかったために息子からぶたれたりした子は、自分がからかったということを置いておいて、ぶたれた、としか伝えないので、クラスメイトの保護者の方たちからは白い目で見られていました。が、今度懇談会があるので、保護者の方たちに説明しようと思っています。同じ状況の親御さんたち、一緒に頑張りましょうね!

いじわるなお友達

最近、3歳の娘の幼稚園のプレで気になることがあります。それは入園当初はなかった、いじわるが出てきたことです。娘が仲良くしている女の子なのですが、その日の気分で娘にいじわるをしたり、仲良くしたり。まあ3歳だしそんなこともあるのかな、と思いますが、娘はそんなことをしないので戸惑っているようです。今日も、「○○はかえって!」って言われていましたし、実はおとといも言われていたんですよね。でもそういわれたかと思っても、娘が「一緒に遊ぼう!」というと、一緒に遊んだりしているので、私が過干渉なのかなあって思ったり。その女の子のお母さんは高齢出産だからか、子供に甘いみたいです。なので、娘より年齢的には若干上なのですが、オムツがなかなか外れなかったり、幼稚園バスに乗れなかったり、朝は大騒ぎしていたりと大変そうだったんですよね。自分の娘がいじわるをしているのをニコニコ見ているのって、いじわるって気が付いていないからか… 私なら「そんな言い方しない」と注意しますけれどねえ。高齢出産でもダメな人っているんだあって、びっくりです。